戻る

きっとみんなをまもるから

建設業のわたしたちは
みんなのマチをつくります。
みんなが毎日歩く道、使う水道
学校や図書館
橋や港、高速道路
津波のときの避難タワーや避難道・・・
安全で暮らしやすいマチをつくります。

 

つくるだけじゃありません。
古くなったビルやトンネル
道路や橋、堤防を修理して
みんなのマチをまもります。
地震がきても津波がきても洪水がきても
壊れてしまわないように。
災害に強いマチになるように。

 

災害がいつ起こるかは
誰にもわかりません。
だからこそ
起こったときにはどうするか
お家の人や先生と話し合ってくださいね。

 

そして、もしも
災害が起こったときには
わたしたちが誰より先にかけつけ
地域の道をまもります。
みんなを助けに救急車が通れるように
食料やガソリンを運べるように
倒れたもの崩れたものを取りのぞき
みんなの道をまもります。

 

「つくる」こと「まもる」こと
これがわたしたちの仕事。
もっと強く
もっと安全なマチにするために
わたしたちは今日も
徳島のマチの、ほら、ここで
いっしょうけんめいがんばっています。

 

きっとみんなをまもるから

 

 

戻る